2006年03月23日(木)

FCCN スタッフ 自己紹介 [スタッフ紹介]

画像(134x180)・拡大画像(478x640)

★代表 阿部 ゆかり(1964年生まれ)
★臨床心理学修士 M・A 家族と子どもセラピスト学会認定セラピスト 西尾リプロセス協会トレーナー
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理学
大学院
 クリニカル・サイコロジー・マスター
日本プログラム


★児童精神科で約1年の実践経験を持ち、子どもへのカウン セリングや精神療法および心理アセスメントが出来ます。
 子どもから高齢者まで対応することが出来ます。
★専門家として尊敬する人 西尾和美先生・斎藤 学先生
★生育暦 筋金入りの「機能不全家族」出身
     父親は依存症、母親は自殺、
★自分の問題 うつ病・自殺願望・強度の見捨てられ不安
       PTSD(母親の自殺・イジメトラウマ)など
 1998年頃から自分の問題に気付きセラピーを受け、上記の問題も楽になってきています。
       酔っ払って話す人の声が苦手、「おまえ」と呼ぶ人が苦手
 
 ★カウンセリング・各種心理療法(セラピー)をしています
 ★対象は 「子ども」 「大人」 「家族」 「カップル」 「グループ」など
 ★好きなこと  おしゃれ、心理学の勉強全般、バイクに乗る、
         旅行、英語、大きなホテルでの食事、野鳥探索の森歩き
         
 ★好きなもの  赤ちゃん、南の島、エゾフクロウ、犬猫、大きなホテル
         上常呂にあるレストラン・レンガハウスのトマトソース
         ケーキの小物、クリスマス、ヨーロッパ文化

 ★好きな男性のタイプ  細見でタレ目、優しい話し方で、ちょっぴりセクシーな人
             岩城滉一、西田和也、リチャード・ギア 氣志團の翔くん
        
 ★ストレス発散方法  車で叫ぶ、マッサージ
               温泉露天風呂に入る、ライブに行く
               愛猫くんをなでる 
 ★得意分野  スピーチ、グループワークのファシリテート
           講師の仕事全般、保育全般 
           子どものセラピー、大人のセラピー

 ★力を入れたい分野    自死遺族のケア、イジメトラウマ後遺症のケア  
              虐待の被害・加害のケア
              D・Vの被害・加害のケア 
              地域の専門家志望者の発掘・育成
              地域の心の問題への認識の向上
              コミュニケーションスキル講座
              発達障害のアセスメントとトータルケア
              各種セラピー・カウンセリング(子ども&大人)

 ★個人的特徴(笑)   自己肯定感が不安定、自信のある時とぜんぜん無いときと極端
             (自分の存在が不快感を招いている感)がある
             仮面うつ(多忙に安心する)
 ★ 著書「家族の自殺 悲しみの向こう側」
   
             
             
*−*−*−*−*ー*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*ー*−

画像(147x180)・拡大画像(288x352)

     <スタッフ> 


☆尾崎 真貴(おざき まき) 1975年生まれ

☆持っている資格 
   メンタルケア心理士 (2007年10月取得)

☆関心のある分野
   親子の心理 喪失体験の心理 音楽療法 家族療法 発達障害

☆好きなこと
   家の中で大声で歌うこと 寝ること 温泉宿に泊まること 
 
☆自分の抱えている問題
   自尊心、自己肯定感がかなり低い
   自分の存在価値を見出せない
   共依存
   喪失することへの極度の恐怖
   斜視という身体的コンプレックスがあり、自分を認められないという問題も抱えています。


2005年より各種講座・ワークショップなどを受け始め、2007年からセラピーを受け自分と向き合っています。
 



*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−      

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

       <スタッフ>
●高橋 律子(1950生まれ)

● 小学校教諭 + 院内学級教諭 + 養護学校訪問教育講師合せて28年間を経験。
その間、結婚・離婚・再婚を経て現在に至る。

●精神科クリニックで一年間の実習体験を経て、アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院(CSPP)日本プログラムを卒業  臨床心理学修士 M.A

●尊敬する専門家  斎藤学先生、西尾和美先生、

●生育歴
強烈な男尊女卑の考えで、威圧的な物言いの父親とそれに従う病弱な母親の元で育つ。
小学生の頃通った教会の老牧師の教えと父親の言葉の相反する二つの考え方を常に比べな
がら育ち、父親への批判的な思いを強めながら成長する。

●生育歴からの反応パターン(自分の問題)
@父親からのすり込み・・・威圧的な態度・物言いの男性に対して反発を感じるのに、気がつくと男性に対しては女性よりも強く大きく、深いものを求めてしまう自分を感じている。また、威圧的な物言いの男性に対して、心の中の戦闘モードのスイッチが入る。
A母親への投影・・・自分の考えや気持ちを表現しない女性に対して、悲しさを感じてしまうが、女性が自分の考えを持ち成長してゆくことに対しては、自分でも戸惑うほどの感動や喜びを感じる。

B共依存傾向を持つ・・・お節介的な行動をしてしまうことがある。2005年から自分の問題に
気づき、セラピーや学びの機会を得て意識できるようになっている。

●セラピーやWS・学びを得ての現在の私の変化
@幼かった自分が感じていた本当の感情に気付き、安全な場で涙と共に怒り・悲しみを表出
できたことから、自分にとっての新たな“真実”が得られ、これまでよりも、生きることが楽に
なって来ている。
A自分の内面と向き合う作業(セラピー・WS)は、一生手放さないという思いを持つようになっている。
B新しい知識や体験(講座・研修・セラピー・WS)が、自分を変えてくれたことを実感したことから、今後も出来る限り学びの機会や癒しの機会を逃さないと思えるようになっている。
C人間は環境や体験によって創られた存在であることを実感し、そして何歳になっても変わっ
てゆけることに大きな喜びと期待を感じている。

※  セラピーを受けるまで、“言葉の酒乱”の傾向を持つ夫に対して、「共依存の妻」として、その間違った役割を懸命にこなしていた。したがって夫自身が自分の問題を見つめる機会を奪っていた。2005年私自身がセラピーを受け自分の問題(共依存)に気づき、夫の問題を夫自身に正しく返す選択肢を得ることが出来た。勇気を持って私の行動を変えてゆけたことで、夫との関係に変化を得ることが出来、現在も苦しいが実行中である。

●関心ある分野、今後学びを深めていこうとしている分野
家族関係(世代間連鎖)、DV(加害者・被害者の心理や背景)、グループ療法、各種検査の
アセスメント、地域の心理分野での意識の向上、

●好きな言葉
@『人は皆、命の存在として同じに尊いもの。どんなに偉い人に会っても、自分を卑下する
必要はありません。ただし、礼を逸してはいけません。』
A『人は、不安やすぐには解決できないことを抱えつつ生きている存在です。』

●好きなこと
・出来事や言葉の意味・それらの関係を見出すこと、
・一人旅、
・安全な人との会話、
・人間ウオッチング、
・亡くなった母の茶碗蒸し、
・クリスマス、

●自分の課題
@フラッシュ・バック時における対応。
A時間をかけて問題を探ること(不安を抱える作業等)。
Bあらゆる事柄に多くの可能性(選択肢)を持つこと。


−2010年9月末現在―



*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

画像(147x180)・拡大画像(288x352)

     <スタッフ>


羽石洋子(はねいしようこ)1976年生まれ


生育歴・・・・アルコール依存症の家庭で育つ
       自死による父親との死別




持っている資格>

文部科学省所管 財団法人 生涯学習開発財団認定 アートセラピスト
アートセラピー上級認定
応用心理カウンセラー
メンタルケア・アドバイザー
専門家育成事業特別塾 全過程 終了
  専門家育成事業特別塾「クリエイティブクラス」契約セラピスト


自身の問題>


強く罪悪感を抱えていたり見捨てられ不安など、生きていることをとても苦しく感じていました。2006年よりセラピーを受け
癒しをはじめたことによって自分の中にとても大きなうれしい変化を感じています。
少しずつ自分を許すせるようになったり、自分を大切にできるようになったり、小さな幸せを日々の生活の中で感じること、生きている今を幸せに感じれるなど
うれしい「心」の変化を感じています。これからも、自身の癒しと学びを大切にしながら「私の人生」を歩んで行きたいと思います。







*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

Posted by abe at 13時28分   Comment ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.