2010年02月14日(日)

コミュニケーション研修WS 無事終了 [事務局から]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

代表の阿部です。
2月13/14日の土日、無事研修WSを終えました。
限定先行案内の中で定員が埋まってしまう為
この場でのご案内に至っておりませんが
今回の研修WSも深い気付きと学びが出来ているのを
参加者の方の様子で感じることが出来ました。
気付きや感想を書いて下さる方もいらっしゃるのではと
思いまして、この記事をアップさせて頂きました。

講座の学びのみならず、たくさんの刺激がありましたね(^^;)
笑って泣いて食べて、そして
大きな声では言いにくい・・・異例の・・・歌って(笑)^^;楽しかったです。
参加された方々の学ぶ姿勢と、気づきの深さ、反応の柔軟性
本当に心を打たれます。
参加者の方、まだの方、どうぞこの場をご利用して頂けると幸いに思います。

Posted by abe at 23時27分   Comment ( 26 )

コメント

こんにちは^^

本当に楽しかったです♪

iメッセージの伝え方を教えていただいてから、
過去に自分が送ったメールを読み返したり、
使っていた言葉を反芻してみました。

自分では謙遜したつもりの表現が、
相手の方はせっかく褒めてくださっているのに、
それを否定した表現になっていたり、
悪気はなくても結構不快な思いを与えていたんだぁ、
とギクッとしました --;

異例の・・・♪
で最初に歌った曲を今朝改めて聞きなおしました。
あれ!?
こんなに深い歌詞だったんだな、って感想です。

今までは何気な〜く聞いて何気なく選んでいたけど、
自分の潜在意識ってスゴイですね!

ちゃんと自分の内側にあるメッセージが詰まった
曲を選んでいるんだなぁと思いました。

何かが変わって行きそうな感じがします。

さっそく、感情ノート買いました。

大切につけたいと思います。


ゆかり先生、一緒に受けてくださった方、本当にありがとうございました。

r 2010年02月15日 08時35分 [削除]

先生、みなさんこんばんは。
コミュニケーション講座の参加者の方々、お疲れ様でした。
私は再受講でしたが、やっぱり濃かったー!

新しい出会いが、うれしかったです。
再会も、うれしかった。
いつもの仲間も、心強かった。
気づきも、たくさんありました。
ゾクッとくるようなシンクロもありました。
そしていっぱい泣いていっぱい癒しました。

チェックインとか、導入場面からもうウルウルしてました。
先生曰く私は「そういう時期」・・・なんだそうですが。
初日からノーメイクで行ったのは、たぶんコミュニケーションスキル以上に、
安全な場所で泣く気まんまんだったのでしょう。

最初の「インデックス」のワーク、私すごかったです。
私もだけど、私とペアになったTちゃんもすごかった。
名前・・・私はズレてたけど、Tちゃんは最初の音をあてましたね。
年齢は、どちらもほぼドンぴしゃ!
そして、「持っている能力」、こ〜れがすごかった。
会って10分くらいなのに!
スポーツ、ニアピン。
「文章を書く」・・・って、
まさに「がんばりやのメッセンジャー」のことじゃんか!
私の「お見舞いにあみぐるみ」もあごはずれそうでした。
だってね、私も友達に同じ事したんだよ。
なんでお互いそんなこと感じるんだろう。
そして、なぜTちゃんだったんだろう。
偶然ではない意味がきっとあるんだと思います。
他の方々もそう。
ロールプレイや、気づきのシェアや、雑談でも、
みなさんの感情の豊かさや温かさ、そして勇気に、
心が動かされっぱなしでした。

「感情ノート」、rちゃん買ったんですね。
私も買いました。昨日から書いてます。

なんだかまだまだ書ききれないので、
また・・・つづく?!(^_^;)

naka 2010年02月16日 21時51分 [削除]

再受講のコミュニケーション講座。
再びでも更に深まった2日間でした。
なんて濃い研修だったんだろう・・・色々と・・・。
参加された方々から
たくさんの宝石をいただきました。ありがとうございます。
特に・・・1日目に
自分のコミュニケーションを視覚化した時の
・・・・おかしさ!
思い出すたびに爆笑してます。忘れられません。
まぶたの裏に、再現した
私と子どもたちの彫刻が浮かび
私のために協力して下さった4人の方々に心から感謝します。
・・・なんだ、私は解決したくて真剣だったのに
離れて見てみたらものすごいギャグだったんだと気がついて
肩の力が一気に抜けました。
あれから子どもらが一気にわあわあ言いだしても
あの映像が浮かんで
インターバルがおけます^^

そう、
そして
もうひとつ気が付いてしまいました。

自分の気持ちに余裕がなくなった時の私は
仕返しコミュニケーションをしている事に。
相手から投げられたボールを
・・・キャッチボールを
「今すぐ打ち返してやる!今すぐに!」とソッコー返しちゃっている事に!

そうか
返さなくてもいいんだ。
まずはボールを受け取ってから
ゆっくりと渡せばいいんですね、きっと。

言うは易し
やるは・・・これが中々難しいのですが(苦笑)

それでもきっと失敗は成功の元。
失敗の辛さが分かっていれば
それだけきっと引き出しも多くなって行くはず。
また
次回の(?)コミュニケーション講座まで
がんばってやってみます。
家に帰って…みなさん下界で如何ですか?
吸い取られそうになるたびに
みなさんの歌声を思い出しています。
あれがサイコーの癒しだったような気がしています。



恵里子 2010年02月17日 01時13分 [削除]

rさん、nakaさん、恵里子さん


コメント大切に読ませて頂きました。
コミュニケーション2DAY WSに参加されて
多くの気付きや発見、学び、楽しみ、などをされたようですね。

この場でシェアして頂けるのはとてもありがたいです
感謝いたします。

もちろん私も講師を務めさせて頂いているので
このWSの濃さは実感として把握しているつもりです。
本当に濃いですよね。

私が学びや癒し始めたこの12年の最初の頃
多くのコミュニケーション講座を受講しましたが
よく泣いたものです(笑)
ロールプレイして、と言われて相手役と向き合って
「あの・・」と切り出しただけで、いちいちナイアガラになっていました。
懐かしいです(笑)

人にしっかり聞いてもらう
意見やいらないアドバイスなどもない安全な形で寄り添ってもらった経験がなかったですし
自分の気持ちを伝えるなんぞ。。。清水の舞台どころか
絶対にやってはいけないことだと思っていましたからね
相手が目の前に静かに存在しているというのを感じるだけでナイアガラになったものと思われます(^^;)

今回も参加者それぞれに
多くの気付きや学びとなっているのが
見ていて分かったのでとても感慨深いものがありました。
出会いもそうですし、仲間を見つけていくことの素晴らしさもありますからね。

いつもは5週間で週1回(2〜3時間)、計5回がこの講座の形でしたが
今回は初の2DAYで一気に内容を伝授した形になりましたが
結構いけるものだなと感触としてありましたので
今後は参加しやすそうですし、2DAYでもやっていけることが分かったので
今後はそうしていこうと思います。
これだったら地方でも行うことが出来ますよね。


rさんもnakaさんも感情ノート購入されてようで
感心します。
すぐ行動していくことも力の一つですから
尊敬を感じます。
もちろんこのセルフセラピーは私も行っています。
自分の感情を知る一つの方法ですし
書くと「こんなことを思ってはいけない」というようなブロックが外れやすくなります。
書いていくうちに違う感情に自然と流れていったりね。

恵里子さんも視覚化で大きな気付きがあったようで
不思議でしょう。
その中にいるときには気付けないことに気付けるように配慮しているのが
あの視覚化のワークです。
なのであれは外せない大切なワークの一つなんです。

そしてそこから何かに気付いてキャッチしていくのは
恵里子さん自身の力ですから、それも忘れずに。
それにしてもギャグだったとはね・・・(^^)
ホント気付きって宝物ですね。

あと
大きい声では言えませんが・・・
食事会の後の歌は、思いで深い経験になったと思います。
私も専門家として
一人ひとりの人生の一部を共有させて頂いていることもあって
スイッチ入りまくりでした(^^;)
全員水だけ飲んで2時間、歌って泣いて。楽しかったです。
楽しめるということもACにとって治療や回復に役に立つことでもあります。

abe 2010年02月18日 08時43分 [削除]

昨年のコミュニケーション講座に参加したRです。

最近、講座を受講しておいてよかったー!!と思う出来事がありました。

普段の生活においては、夫や子供に対して、トラウマ反応が出てしまう部分もあるのか、まだまだうまく使いこなせないことの方が多いのですが(汗)

ある話し合いの場で、Iメッセージがすらすらと自分の口から出て来たことに、内心自分でも驚いていました!知識として覚えるだけではなく、実際にロール・プレイなどで体験したことが生かされているのだな〜と感じました。

釧路市まで受講しに通うのは、私にとって、実はかなり無謀というか、決心が必要で、受講し始めてからも、途中で諦めようかと思ったこともありました。でも、最後まで諦めずに受講してよかった!!と心から思いました。

今回は、我が家からは夫が参加しました。夫から講座での気づきなどをシェアしてもらって、いいな〜〜〜!!私も受講したかったー!と一人ジタバタしていました(^^;)

今後2DAYでまた開催してもらえるのだったら、ぜひ再受講したいと思います!!

2010年02月18日 11時45分 [削除]

コミュニケーション講座 念願の初受講でした。
今まさに必要なスキルだ!!と思ってドキドキして参加しました。

そして、先生とのカウンセリングでコミュニケーションにまつわるトラウマを思い出していたので、さらに怖さでどきどき。。


実は女性の集団にいるのがとても苦手。。。
ずっと居心地悪かったんだと思いますが自分では虚勢をはって、気付かない振りをしていたんだと思います。

ふとしたとき、なぜだか仲良くしたい人に近づけない自分に なぜだろう、なんだか苦しいなと感じながら、様々なワークを受け、  あ〜みんなと話したいのにできない!!!

と涼しい顔をつくろってもがいていたのでした。
参加されてるみなさんとっても魅力的なんだもん。


で、もがきは今回やめよう、トラウマを感じながらちゃんとコミュニケーションスキル学ぼう!!そんな感じで
必死にやってみました。

フリーズする場面もあったけど、学びながら、癒されながらで、脳にじわじわ体感として入ってきたのがわかります。


こんな学び方があったのか!!と今更ながら感動です。

やっぱり共感 安全 これがあるからできるんだなぁ。。
おろおろ あわあわしながら、こんな自分を否定しない人たちがいる。
虚勢張らなくても、受け入れてくれる。
そのままの私でよかったんだって思えました。

あとは実践して、もっと
わたしでいい!!と思えるようになりたいです。

ともみ 2010年02月18日 16時26分 [削除]

今朝、母から受け取った私のコミュニケーション・スキルを考えていました。

ずっとトラウマになっていたことを思い出しました。


それは、
「結婚してすぐに、これは相手を間違えたと思ったんだけど、rを妊娠したから離婚できなかったんだよね」

と言う母の言葉でした。


まるで、幸せになれなかったのは、
わたしのせい!
と言われている様で、とてもとてもグルグル考えました。

私は望まれない子供だったのですか、お母さん。

私のせいで、お母さんは幸せな結婚が出来なかったというのですか。お母さん・・・。

と思いました。

これは自分の中で象徴的な出来ごとだったのだけど、
私が受け継いでしまったコミュニケーションは、
「上手くいかないことは、人のせい、周りのせいにする」
と言うことでした。

これも、思い当たることが大ありで、
同じような事をやっていた過去の自分に、
固まってしまいます。

いま気づかなかったら、将来も今も、
ずっとこのままの自分だったら・・と思うと
恐ろしくて寒気がする。


それを自分に取り入れるか、建設的な考え方を取るか、
選択する権利は自分にあって、
しかも最後に決めるのは自分。

ここで親のせいにしてしまったら、
結局同じことなんだ。

苦しいけど、何かのせいにすれば問題から目をそらすことが出来るけど、
それを選ばない自分になれるように
気をつけようと思いました。

気づきって深いですね--;

r 2010年02月19日 08時41分 [削除]

Rさん、ともみさん、rさん
 

コメントありがとうございます
すっかりレスが遅くなりました。恐縮です。


コミュニケーション講座って
とても深い講座です。


具体的なスキルの学びのみならず
コメント頂いた様に、様々な自分に気付くきっかけになったりしますよね。

私は常日頃思うのですが
コミュニケーションの学びとしてこの講座を受講しておくことが
その後の人間関係に違いが出ると感じています。
自分の人生の質を上げていくのに
トラウマの後遺症となっていることを見つけ
そこを癒していくことで
ずいぶん楽に生きられる様になりますが
今度は新しい人間関係を作っていき、ある程度の関係性を維持させていく為に
コミュニケーションのスキルはとても役立つと思っています。
私自身もこのコミュニケーションのスキルを学び
何度も何度も受講し、日常生活でも練習してきたことが
今の人生の生きやすさに一役買っていると思っています。

「言葉」って時に誤解をうむこともありますし
言い方一つで全然違うものが伝わってしまうこともよくありますよね。

FCCNのコミュニケーション講座は
自分自身のコミュニケーションがどういうことになっているのか見つめる作業や気付く作業に
多くの時間を取っています。

受講された方はよく分かられていると思いますが
気付きが「変化」のスタートラインですからね。
皆様も自分のコミュニケーションの形がどんなものか気付かれたコメントがたくさんありましたね。


今回の講座の中では
過去にそのコミュニケーションを身に付けた自分(その子に)
ネーミングをして、声をかけるというワークをしました。

皆様とってもユーモアもあり
そしてとても分かりやすくて的確なネーミングをされていましたよね。
感心しました。

過去の自分を否定するのでも罰するのでもなく
皆がそれぞれ「その子たちを受け入れる」ことが出来ている姿にも感動しました。

参加者の方の力の凄さには本当に感心させられっぱなしです。

たくさんのコメント
本当にありがたいです。
再受講の方が多い講座でもありますが
何回受けても受けたくなる講座の一つですよね。

問い合わせもあるので
そのうち本州でも行えるように企画するつもりです。

abe 2010年03月01日 00時27分 [削除]

先生、みなさん、こんにちは。

その後の日常生活をいかがお過ごしですか。
私は先日からしばしちょっと余裕ができて、
充電したり、かねてからの計画実行の準備をしたりしています。

そうだ、恵里子さん。
あの場面を思い出して爆笑していただけてるなんて、
なんか私もひとりで爆笑しました。うれしいです。
私、誰かを笑わせるのがきっと好きなんですね。
緊張感あふれる家庭に育っていたので、
自分の力でなんとかするために身につけた
健気な得意技の一つです。
みんなに仲良くしていてほしくて、
その時だけでも笑っていてほしくて、
「がんばりやのメッセンジャー」とか
勉強やスポーツでがんばること以外にも、
色々がんばってたんです。
逆にそのことを私も気づかせていただきました。

あああ・・・
いつもそうなんだけど、
ここにコメント書きながら気づいちゃうんですよ。
けっこうやばいことに・・・(T_T)
「いつも元気」とか、「しっかりしてる」とか、
「よく食べる」「おいしそうにたくさん食べる」
ってことも、周りを喜ばせる健気な手段の一つだった。
そう、先日のカウンセリングで自分の口から出てきたけど、
「人の期待を自分の意思にしない」
・・・これだ。
これが私、まだ境界線ごっちゃになりがちなんだと思います。
「周囲の期待」なのか、「自分の選択」なのか。
「誰かの期待」なのか、「自分の希望」なのか。
「誰かのため」なのか、「自分のため」なのか。
両者が重なることもあるかもしれません。
でも、選択・決定・実行・結果責任は100%私のもの。

昨日久しぶりに一つ、ささやかな「役」を短期間引き受けました。
あれは「自分の選択」だった・・・よな?!(^_^;)

「食べる」・・・これは次に私が立ち向かうテーマ。
恐いけど、立ち向かってきます。

あとやばいのは・・・「ケガ」!
がんばりすぎて「休む」とか「ほどほど」が苦手。
自分では結構テキトーだし「いい加減」だしサボッてると思ってます。
以前よりかなり自分に優しくできてるとも思ってます。
でも、心の中ではまだ「すいません」って思ってる。
先日のあるWSでもつい言っちゃった。
安全なのに、何してもいいのに、「すいません」ってまだ出る。
だから、ケガするまでやらないと心までは「休めない」。
同じケガしたある選手が銅メダルとった時はもちろん号泣しました。
・・・っていうか、『○ISS&CRY』って、私の十八番だし?!
rちゃんと同じく私も改めて歌詞聞きました。
「すこしケガをしたって まあ いいんじゃない」
「うまくいかなくたって まあ いいんじゃない」
自分を重ねて聴いて癒されてたんだろうな。
・・・無意識に!(T_T)
オリンピックやスケート観て、いっぱい泣いたな。
あれもやっぱ私には癒しなんだろうな。
WSにもちょっと似てませんか?
私たちは主役じゃないけど、主役の人生の一端にふれて、
一緒に泣いたり、喜んだり、見守ったり、そして気づいたり!
選手は全然安全じゃないけど。
そう、だから勝手に「ケアしてあげてよ〜!!」と思っちゃいました。
「コミュニケーション講座受けようよ〜!!」とかね。

・・・だめだ。今回は話があちこちとんでまとまりません。
日常のもろもろと、習ったことが、ごっちゃになっています。
なので、また、「つづく」?!

naka 2010年03月01日 11時06分 [削除]

nakaさんへ


つづき楽しみにしています。

たくさんの気付きをされていらっしゃるのですね。
一つ気付いて、逃げずに向き合い、癒しが起こり
仲間との講座やワークショップなどで
多くの刺激を受け
更に気付きがどんどん起こり
パズルのピースがどんどんハマり、自分というパズルが出来あがっていきますよね。

もちろん作業は結構辛い時期になる部分もありますが
気付きには
たくさんの宝物が埋まっていることがありますからね。

私も著書に書かせてもらっていますが
「父に愛されなかった娘」という物語(ナラティブ)が
「不器用ながらも愛されていた娘」に変わりましたから。

他にも
「戦争の影響も受け、その上 親に捨てられた同居していた私の祖父に、嫌われていた孫の私」というのが
「祖父は親に捨てられながらも必死に生き残ってくれた、家族を持ってくれた、泣くことなんて許されなかったから父(息子)にもスパルタだったんだ。私のこともどう愛していいか分からなかったんだ」と
分かりました。

深いですよね、気付きって。

nakaさんは
誰かの期待と自分の選択の区別がまだ課題のようですね。
ここをハッキリ区別するのって
とても難しいですよね。
白か黒ではなく、きっとグレーなんでしょうね。

今はこの人の期待に応えることを選択する

というのもありですからね。ぶっちゃけ。

食べるというテーマと
けがというテーマ

とても大きな気付きであることが伝わってきます。

これらの作業はきっと将来のnakaさんに役立つと思いますよ。
自分を見つめ、癒す作業は「宝物の発見と未来を輝かせること」でもありますしね。

abe 2010年03月01日 22時00分 [削除]

nakaさん

私の爆笑に爆笑してくれてありがとうございます^^
後になってつくづく・・・
あの「ワタシの役」は
やっぱnakaさんだったんだなあ…と。
他の方じゃなくてnakaさんがやる事に意味があったんだなあ…と。

あの時
ご自分の大事な「気づき」を書いていたのに
「いいですよ」と快く引き受けてくれたお陰です。
私はあの時しばし
nakaさんの好意を受けるべきかどうか悩んだのですが
結果はやっぱり物語ります。
いつもなら「いいです、やっぱり」と諦めるところですが
自分の勘とnakaさんの好意の方に「賭ける」事ができて一歩進めたように思えました。

それと・・・

痛い事に^^;
私も原家族の中で「笑わせピエロ」をしていた事を
何十年振りかに思い出しました。
そういえば
我が家はあまり笑えるような会話がなく
ないというよりも
会話がブっ切れていて続いていなくて
すぐに誤解が生まれて
喧嘩が始まっても・・・会話での解決がなかったなあと。
(…ここに受け継いだコミュニケの原型が!汗ダーラダラ)

そう。
友達から猫をもらって飼うようになり
猫を中心に家族が会話するようになり
みんなで
猫の話をする事でひとつの話題で笑うようになった。

猫を飼って良かった。
ウチが明るくなったもの。

中学生の時にそんな事を思っていました。

ああ!やっぱり
痛い事は上手に忘れているものですね〜^^;

恵里子 2010年03月02日 00時10分 [削除]

こんにちは。
念願の初受講を終えて、「一日一回できれば合格」を合言葉に、教わったことを意識しながら日々過ごしています。0回になる日が圧倒的に多いですが・・・^^;

さて、講座の最後で、私のキャラクターへメッセージを伝えるということをしましたが、そこで私は、「両親(特に父)とのコミュニケーション」が最たる課題・苦手とするものであったのだと分かりました。
キャラクターに語りかけてみて初めて自覚しました。

父は、YOUメッセージが、とってもとっても上手です。

昨日、父と電話で話す状況になりました。
YOUメッセージのシャワーを浴びまくり、私の中には困惑と哀しみが押し寄せて、電話を切った後わたしは号泣しました。

「なぜお前だけがそうなの?他の皆だって辛くてもやりぬいているのに、なぜお前だけがそうなの?」
「俺は若い頃は貧しくて、自分と弟を食わすのに精一杯だった。お前は余計な事を考える余裕がありすぎるんだな、そうだろう?」
「俺が納得できることを言ってくれ」

このように言われて、ぐうの音も出ませんでした。一言も発することができなかった。
だって、かつて私も、同じような言葉で自分自身を責め立て、追い詰めていたのですから。
だから泣いて泣いて、「ほーらやっぱり死んだほうが楽ちんでしょう?」と言う もう一人の私が久々に再登場。たいへんな夜でした。

一晩あけて、いま思うことは、
・父とはまだまだ距離を置いたほうがいい
・父を「納得させる」必要はない
・自分のケアを優先しよう


ラスボス「父」は手強いので、まだボス戦には突入しないことにします。
まずは日々を健康に健全に過ごして、徐々に自分のレベルを上げていくのが先決のようです。

meg 2010年03月02日 07時23分 [削除]

お早うございます。

家族との間で身についたコミュニケーション・・・。

今、ゆかり先生が教えてくれた家族の抵抗
(用語忘れました、ごめんなさい)
に合って、とても苦しいです。

妹から、私のダメスイッチを押されてしまいました。
そしてまんまと・・スイッチを差し出して、
自分が悪いかのように認め、
さらに押され続けると言う・・
超自虐児童に戻り、二重に傷ついています。

それでも頑張って、リフレクティブと、
アクティブリスニングをやりました。

怒って私のスイッチを押しまくった妹は平常心に戻ったものの、私は今までこうやって傷つくパターンだったのを、気づかずに笑ってごまかしていたんだな〜と自覚。

朝、仕事に来るにも、どうしてもモヤモヤが晴れず、
異例の・・♪で最初に入れた曲を繰り返し聴きました。

本当に深い曲だった。
孤独ってこういう時のためにある言葉なのかなって。

家族だから解らない。
親だから解らない。
もし、素晴らしい親だと思う人がいたら、
宝くじにあたったくらいラッキーだと思って、
本当に大切にしてください。

って、ある人の言葉があります。

真意は解らないけど、
いまはそう思うことで何とか自分を保っている感じ。

家族って・・本当に永遠のテーマですね。

r 2010年03月02日 08時25分 [削除]

こんにちは。つづきです。

恵里子さんお返事ありがとうございます。
そうでしたね、私の視覚化の直後でしたね。
私が書いてるので迷っていらっしゃったのを思い出しました。
でも、私もなんかよくわかんないけど、
「待ってましたー!」って感じだったんですよ。
やってみたら自分も似た場面よくあるし。
他の方の場合もそうだけど、
こういうことって、本当に不思議ですよね。
やっぱり、遠慮しないでお互い自分の直感で頼んだほうがいいんでしょうね。

他の皆さんも、毎日それぞれの場所で奮闘しているのですね。
うまく言えないけど・・・感動する・・・。
そして、勇気をもらえます。
よかったなー、この場があって。
先生からもコメントいただけてうれしい。超ラッキー。
先生自身のナラティブが変わったお話も、
・・・やばいです。
ウチも、戦争の影響をモロにかぶった家です。
で、明日法事で実家に行きます。
日帰りですが、父と二人になるタイミングを作りたい。
(↑また「つづき」書かなきゃ!)

それから、先生、「グレー」忘れてました。
そうですね、「どっちか」じゃないですよね。
モロに「周囲の期待」を「自分の決定」とする・・・
って選択も、アリですもんね。
ああ〜気が楽になったかも。(^_^;)
自分で選択し、やりすぎず、
その結果を自分で引き受けることができるなら、
全然OKですよね。
それで、がんばって成し遂げたのなら、
「アタシ、すごい!」って思っていい・・・??

また中途半端ですが、「行ってきまーす!」

naka 2010年03月02日 10時20分 [削除]

先生、みなさん、こんにちは。
つづきを書けることがまずうれしいです。

法事に限らず親族行事は毎度そうですが、
「下界の縮図」と「自分の過去」が合体して
「おらおら〜コミュニケーション使ってみろよ〜」と
今の自分に迫ってくるような空間でした。
っつーか、「生きたジェノグラム(死者含む)」??(T_T)
もう恐いやら可笑しいやら泣けるやら・・・
心身ともに大変疲労します。
めずらしく久しぶりに風邪ひきました。

でも、今回あえて行く選択をしたのは、
かねてからのある考えを父に伝えるためでした。
(それは私にとって恐くて非っ常〜に言いにくいこと。)
が!法事が終わってからも母方の親戚御一行が実家で休憩していて、
父と二人の状況は帰りの時間までに作れませんでした。
でも、「この決心の先送りはいやだ!」と思い、
必要な資料を心臓バクバクさせながら父の机に置き、
帰りのJRの中で実家のPCへメールすることにしました。

今までの人生で一番長いメールだったと思います。
私が今持てるコミュニケーション能力を精一杯こめて打ちました。
ずっと温めてきた気持ちだからか、
講座のおかげだからか、けっこうばんばん打てました。
「前置き」も書いて、アイメッセージで丁寧に打ちました。
そして、受け入れるかどうかは、父の選択にまかせるということも。
そして1時間後に「圏外」でない地点から思い切って送信しました。
「ああ〜とうとう、ついに送っちゃった・・・」という感じ。
でも、とてもせいせいしました。

N先生のCDにありますが、「何か決断に迫られた時」の4つのステップ・・・
(↓一字一句おなじではないですが)
「否認せず状況を見る」「必要な情報を集める」「自分の気持ちに誠実に実行する」
そしたら、「結果を恐れることは何もない」・・・!
今回はこのステップをずっと意識していた訳ではないけど、
結果的に実行できたので、せいせいできたんだと思います。

・・・で!さっき母(彼女もメッセンジャー!)から電話が。
それは(大幅に端折りますが・・・)、
私の話を父も母も受け入れてくれたという内容でした。
「やりたいこと、やんなさい。」って・・・!(T_T)

父も母もコミュニケーションなんかは習ってないから、
返事もそれなりの言い方しかできません。
父に至っては、母を介してしか「しゃべれない」です。
母は知らないで「罪悪感」を押しつけるような言い方も多いです。
でも、中身はそういうことでした。
すごく、すごく、うれしかったです。
今日はお互い落ち着いて、他にも色んな事をしゃべれました。

今回の単独日帰り法事で、他にも色々気づきました。
私は3人きょうだいの一番上。
母は10人きょうだいの一番下。
でも、改めてそっくりでした。
母が自分の兄や姉たちと温泉旅行
(実際は私の実家で「子離れ合宿」)の計画を
話し合ってる様子なんか見てたらもう、
ふだんの「私そのもの」でビックリでした。(^_^;)
特急の中で読んだAC関連の本には、「私のこと」が書いてあったし。
弟もそれなりに回復の手段をたぶん持っていたらしいこともわかったし。

先生、私やっぱり不思議にツイてます。
夢に近づけている。
そして、四十路のあたしって、スゴイ?!
このコミュニケーション講座のワークの中で私のことを
「(マラソンなどの)先導車」って譬えて下さった方がいました。
そのココロは・・・
「後からくる人のことを気にかけつつ、先を行く」ってことだそうです。
言われた時もすごく嬉しかったし、
もし本当にそうなれたら、私も心から嬉しいです。
今日ここにこれを書くことができるなんて
思ってもいなかったけど(決心だけはしていたが)、
あの日あのワークで組めたのはやはり必然だったのかもしれません。
たくさんの宝物のような「言葉」と「勇気」をありがとうございました。

つづく!

naka 2010年03月05日 12時57分 [削除]

携帯からコメントさせてもらってます。私もコミュニケーション講座を受けて本当に良かったと思っています。数年前に受けたのですが、あれからたくさんの人間関係の中で色々使ってきました。すぐに上手くいったわけではなく、今でもよく元のコミュニケーションになってしまう場面もありますが、今まで会話が成り立たなかった家族と、今までとは違う方向に会話が行くというか、結末が変わったというか、、、不思議です。同性との関係もぜんぜん続かなくて人間関係そのものが持てないほうだったのですが、受講してから仲間と会話できるようになりました。今回再受講したかったのですが北見というのがハンディだったので、是非中標津か釧路でまたやって欲しいです。できれば2DAYで泊まりだと嬉しいです。私も異例の・・・♪が行きたいです(笑)

2010年03月05日 23時39分 [削除]

恵里子さん、megさん、rさん、nakaさん、携帯からさんへ


東京から阿部です。東京は雨が降っていますよ。
昨日はIFFのS先生の講座に参加してきました。
相変わらずおバカな事ばっかり言って笑いが散りばめられているんですが
内容はとっても充実しているものでした。
やっぱりこうして最先端でカリスマ的な存在の臨床家の刺激を受けることは必須だよな〜としみじみ感じました。

さて
この場をたくさん活かしてもらえているのがとっても嬉しいです。

恵里子さんと、nakaさんのワークの中でのシンクロニシティについても
凄いことですよね。
本当にワークをする中で一緒に参加するメンバー同士
個人のワークで役をして頂く相手
などなど全てが意味があると言われていますからね。不思議です。

私も参加したワークで運命の出会いと言えるようなものもありましたし
この人だから私のこの問題に焦点が当てることに至ったんだなとか色々ありました。


megさん

お父様とのこと、どんどん色々なことが見えてきているようですね。
ラスボスという表現かなりウケました。
最高です。
すっごく分かりやすい表現ですもんね。
確かにラスボスは手ごわいので、じっくりパワーをつけて
色んなアイテムをGETしてから挑んだ方がよさそうですね(笑)
コミュニケーションスキルもGETしたのは大きくて最強のアイテムかもしれませんよ!

私も数年前にラスボスと直接対決した経験がありますが
涙で大変なことになったけど
コミュニケーションスキルを持っていたので
ラスボスへの傷付けもあまりしないで
私の怒りや悲しみをアイメッセージでひたすら伝え
ラスボスの攻撃はスゴカッッタけどリスニングというシールドで私は自分を守ることもできました。

最終的には
次の日、ラスボスは私の家まで車でやってきて
「昨日はどうもな」と言ったんです(T0T)
号泣。。。今でも思い出したら泣けてきます。
不器用で攻撃三昧のラスボスの精一杯の言葉だったんだと思います。

この戦いは終わりました。
今は上手に距離と時間を取り
必要最低限だけ会うようにしてお互いを守っています。

nakaさんも
お父様へのアイメッセージ
とうとう伝えることができた上に
表現はいまいちでも、賛成してもらえたんですね。
凄いじゃないですか!
感動しました。そしてまた夢に向かって前進しましたね!
先行くものとして、後に続いてもらえるのは
本当に嬉しいことです。
詳しいことはまた個別で。

rさんも
親のこと、宝くじにあたったというの
面白いですね


私の場合は

親への怒りや不満
もらえなかったものを嘆いていくうちに
最終的に親も精一杯やったんだなとか
親自身もトラウマを持って必死に生き残ってきたんだな
それって仲間じゃんと思えたり
等身大の親を見ることができるようになって
大きな受け入れが出来ることが多いと思っています、
無理やりではなく
多くの方がカウンセリングやセラピーで
このようなことを思えるようになることが多いです。

あと皆何かしらの機能不全を持っているのがむしろ現実と
思っていますので
宝くじ自体も怪しいかなって(笑)
あんまり良い親も息苦しいですし。


さて中標津や釧路でも2DAYでコミュニケーションの研修WSをとのこと
そうですね、考えておきます。


abe 2010年03月06日 11時44分 [削除]

ゆかり先生へ


返信ありがとうございます。


私の場合は


>親自身もトラウマを持って必死に生き残ってきたんだな
>それって仲間じゃんと思えたり
>等身大の親を見ることができるようになって
>大きな受け入れが出来ることが多いと思っています、

なるほど、ありがとうございます。
私がそこに辿りつくのは、少し時間がかかりそうです>

r 2010年03月23日 10時32分 [削除]

なぜか途中でコメントが切れてしまいました;;

知識として頭で知っていることを、
感情に落としこんでいくための作業が、
カウンセリングやグループ療法のワークなどの
手法なのかな・・と、自分なりに位置づけを感じています。

合っているかどうか解りませんが・・。

わたしは個人的に感情(脳)への揺さぶりを経験してから興味が沸いて、本を読んだり話を聴いて知識として理解するタイプのようです。

先に知識から入るタイプの人もいるかもしれませんね。

東京でのワークは、受けている最中は、
「何のために、この作業なの??」と感じることが多かったですが、
日々の日常に戻ってから、じわじわと力を発揮しています。

本当に奥が深いですね。
ここまで仕組まれた内容だったとは、
と感じています。

r 2010年03月23日 10時44分 [削除]

こんにちは。
以前、「まだラスボス(父)とは戦わない」とコメントした者です。
そもそもその時は、ウッカリ口を滑らせ、「仕事を辞めて新しい道を目指すかも…」と漏らしてしまったために、両親がビックリして猛反対した…のでした。

その後の展開を報告しに来ました。

私は今まで両親に、自分の生き難さ・自尊心がとても低いことなどを隠し続けてきましたが、
ようやく、その隠してきたことを、メールでですが、母に伝えることができました。

「子供の頃からずっと自分をダメだと思い続けて、こんな子に育ってゴメンねと思い続けて、毎日死にたくて辛かった。
なぜ死にたくなるのか理由がわからなくて、辛いと思ってしまうこと自体がいけないことのような気がして、
誰にも相談できなかったし、しようとも思わなかった。
でもやっと、カウンセリングの存在を知り、辛い気持ちを言ってもいいのだと知った。
そして最近ようやく、自分の人生を大切に幸せに生きたいと考えられるようになった。
いま、今後自分がどうしていきたいのかを真剣に前向きに迷い悩んでいるので、どうかそれを見守っていてくれると嬉しい」と。

そうしたら、母が、返事をくれました。
「死なないでくれて本当によかった。
私は、あなたをダメな子だなんて一度も思ったことはない。
私があなたをどんなに大切に思っているか、伝わっていなかったことがとても悲しい。」

何と、Iメッセージで返してくれた母。
それも私が、ずっと欲しくて欲しくてたまらなかったやさしい言葉。
お母さんは、私を大事だと思ってくれていた!
嬉しくて嬉しくて、そのメール画面を何度も見返しては泣きました。

私が母にあてたメールは、後で父にも読んでもらいました。
今は父・母とも、私のことを見守り、応援すると言ってくれていて、とても嬉しい気持ちです。


それにしても、Iメッセージのパワーはすごい!
と改めて感じた一件でした。

meg 2010年06月03日 23時02分 [削除]

(T^T)

代表の阿部です。
今、今週末のWSの準備やら何やらで少々オーバーワーク気味の中
コメントが溜まっているな〜と気になりつつ
デスクワークに明け暮れていました。

megさんのコメントを読んで
夜中、PCの前で一泣き(T^T)うぐぐぐぐ。

アイメッセージの凄さも感動だけど
私には
カウンセリングとコミュニケーション講座で
気付き、涙し、大きく吸収し、変化し、等身大の自分が見られる様になり
そして大きく変化成長しているmegさん自身の姿に感動です(T_T)

こういう時
本当にこの地でこの仕事をさせて頂いている幸運を思います。
そして本当に多くの方々がそれぞれの速さで変化成長しているのを目の当たりに見せて頂けることに感謝の気持ちで一杯です。

フィクションではない
生の人間の「生きる物語」人生の一部を共有させて頂けることに本当に光栄に感じています。

megさん本当に良かったですね。
自分の気持ちをアイメッセージで伝えられたことも
そして
暖かいアイメッセージがもらえたことも
ずっとずっと欲しかった言葉ですもんね。
おめでとうございます。

そして共有して頂けたこととても嬉しく思います。

ずっと死にたかった気持ち・・・今は必要の無いものになりましたね。
本当におめでとうございます。

カウンセリングの力ではなく
カウンセリングを見つけて自己投資して自分に向き合った
megさんの力です。
そして運がいいですね〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)

実は私
FCCNに何らかの形でつながって
事務所や会場にいらっしゃる方がたと出会うたびに
心の中で
「この人すっげ〜強運な人だな・・・・」といつも思っているのでした(ぐはは)
だって本当にそう思うんですもの。

megさんもその力と
その強運さは今迷っているこれからの人生にきっと役立つかもしれませんね。
応援させて頂きます。

ビバ!meg!!  

abe 2010年06月04日 00時24分 [削除]

真夜中に、こんばんは・・・

私ってば、なんて偶然、なんてラッキー・・・。
(T_T)
たまった洗濯物を洗って干し終わって、
息子がPCを開きっぱなしで寝ちゃったようなので
ここに来てみたら・・・!

megさん、よかったですね・・・(T_T)
そして、ここにシェアして下さって、ありがとうございます。
私まで本当に嬉しいです。よかったねぇ・・・(T_T)
Iメッセージやコミュニケーションを学んだり、
ケアを続けることで、
こんなにも変わることができるということ・・・
私も大きな勇気をもらいました。
ありがとうございます。
今晩は、このまま温かい気持ちで眠りにつけそうです。

naka 2010年06月04日 00時55分 [削除]

こんにちは。
初めてコメントします。
いつもFCCNのサイトをチェックしてから眠りにつくようにして2年が経ちます。
どうしても伝えたくなったので勇気を持ってコメントフォームに挑戦してます。
私も自殺念慮が親友と言ってもいいくらい
子供の頃からずっと死にたい気持ちを持っていました。
カウンセリングというものに出会って
今までこんな事話したらダメだと思っていた様な事も
たくさんたくさん話しました。
涙もたくさん出たけど、2年経って今気付くと
自殺念慮という私の親友は、謎の変化を遂げ(笑)
今私の傍で「生きてていいんだよ」
「辛かったね」
「未来を描いてみよう」
とかけてくれる声が変わっている事に気付きました。
もちろんコミュニケーション講座も参加しました。
勉強というより、泣きに行ったって感じでした(笑)
でも自分との心の中の会話もアイメッセージやアクティブリスニングが自然に出るようになっていると思います。
ありがとうございました。
私も運が強い一人なんですね(照)

kaede 2010年06月04日 15時23分 [削除]

仕事から帰ってきて、ここを覗いてみたら…!
私のコメントの後に即レスがついていて驚きました。
そして拝読させていただいて、涙・涙…。

さらにはその内のお一人がnakaさんだったということにも、不思議なご縁を感じます。
コミュニケーション講座の最後に、「自分へのメッセージ」を、megとして代読してくださったnakaさん。
あのメッセージの締めくくりにした、
『いつか、お父さんとお母さんに、私が本当にやりたいこと・私の気持ちを伝えられるようになれたらいい』
という願いが、叶ったよーーー! っていう念が通じたのでしょうか(*^-^*)

苦しくてもここまで生き延びてこられたこと、
FCCNに出会って、変化の機会を得られたこと、
分かち合える仲間ができたこと、
そして確実に変わってきていること、
自分に起きている幸運の数々に感謝が尽きません。

「おめでとう」「よかったね」の言葉に、
ああ、本当に、私の人生に素敵なことが起こったんだなぁ、嬉しいなあ としみじみ思い、暖かい気持ちになりました。ありがとうございました。

meg 2010年06月04日 20時26分 [削除]

nakaさん、kaedeさん、megさん

お互いのやり取り拝見させて頂きました。
共有って素敵ですねホントに。

辛いことを書いても良い
落ち込んでいても良い
人が怖くても良い
トラウマ反応が出てても良い
死にたい気持ちになっても良い
嬉しい事があっても良い
ウキウキしてても良い
どんな状態であってもOKというのは
本当に安全なことだと私は思っています。
誰かが幸せだったら、落ち込んでいる自分はダメとか
逆に誰かが辛い状況の時に自分が嬉しい状況であることに罪悪感を持ったり
こんなこと必要ないんですよね。

安全というのは本当に感じたい事を感じさせてもらえる
表現させてもらえる
状態そのものの受容
コミュニケーションで言えば「リスニング」そのものですよね。

コミュニケーション講座って
対人関係のみならず自分の中の会話にも影響があると私は思っていましたのでkaedeさんのコメント嬉しかったです。

nakaさんとmegさんのシンクロも凄いですね。

今年は音更で心理学講座を4回終えたら秋に音更で
コミュニケーション(カウンセリング基礎)講座を10月に2日間のWSとして提供する予定です。
運の強い方は繋がっていらっしゃると思います。

nakaさん、kaedeさん、megさんの後輩たちがまた一つ楽になるツールを手にしていきますね。

abe 2010年06月07日 09時23分 [削除]

こんにちは。

megさん、
私もあの日megさんにもらえたオリジナリティーあふれるほめ言葉で、
どんなに勇気づけられたかわからないんですよ。
今でも時々思い返します。
そして、私も父と母に「自分が本当にやりたいこと」と、
「自分の気持ち」を伝えられたんですよ。
しかも私もメールでした。

あれ以来お会いしてはいませんが、
いつかどこかで会えるのを、
私は楽しみにしています。

阿部先生〜、
10月に、音更で、2dayで・・・ですね。(*^_^*)
私ってば、本っ当ーに運強いですからね。
後からくる方々を気にはするけど、
参加すると決めたら遠慮なくいきます!
昨日のように。

naka 2010年06月07日 14時16分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

催し物案内
FCCN C.Cとは?
スタッフ紹介
活動記録
参加者感想
サイトマップ
関連リンク集
事務局から
本の販売と報告
会員制度
Care Support
主な相談内容
トラウマ回復
カウンセリング&精神療法
子どものカウンセリング
発達が気になるお子様
IQ知能・技能検査
専門家育成
お問合せ・予約
自助グループ
自死遺族
様々な依存症
トラウマ
不安・パニック
カラー・カード
その他いろいろ

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog

FCCNは個人情報保護に関する法令およびその他の規範を順守します。

Copyright (C) 2007 FCCN C.C All rights reserved.